中学3年生コース

決してあきらめない強い心と確かな自信を育みます。
この学年の最大の目標は、「第一志望校に合格すること」です。そのためには、「内申点をとる」ことと、「入試での得点力を身につける」ことが必要です。
内申点をとるためには、定期テストでの失敗は許されません。そのため中央進学会では、中3生の定期テスト対策には特に多くの時間を費やし、地域の中学校の特徴を熟知した講師陣が、圧倒的な時間の無料補習を行っていきます。
また、内申指導のみに偏るのではなく、入試本番での得点力をつけるための指導も怠りません。まずは受験に必要な基本事項すべてをしっかりと定着させます。次いで、その基本事項が入試問題の中でどのように現れるかを、良質な問題に数多く当たっていくことにより徹底的に研究します。入試直前最終特訓でのラストスパートで実戦力を鍛え、志望校合格に導きます。
受験に向けての学習は、内容も高度で範囲も広いため、時として自信を失ってしまうことがあるかもしれません。ただ、一歩一歩の着実な努力が「自分はこれだけやったんだ」という自信につながり、その自信が「自分はきっとやれる」という勇気につながります。合格の栄光をつかむその日まで、一緒に頑張っていきましょう。

◆中3生、中間・期末 無料対策授業

SZS 中3生 高校受験科
SZS高校受験科は、水戸一高、その他準ずる高校への合格進学を目指します。茨城県立高校入試問題より一歩上の学習を進めていくことになりますが、大切なのは「基本の積み重ね」です。
次のような気持ちを持っている人は私達と頑張りましょう。やればできるという自信と新しいことに挑戦しようという勇気を間違いなく与えてくれるはずです。
①水戸一高に合格・進学したい。水戸一高、その他準ずる高校に合格・進学したい。
②公立トップ校が第一志望だが、高校入学後のことを考えて、より高いレベルの学力を身につけたい。
③学校の勉強は自分でもできるのでそれ以上のことに挑戦したい。
授業料無料

入試対策講座 英語・数学・国語・理科・社会

実施期間:9月以降2月まで 実施曜日:日曜日・祝日
中央進学会では9月以降、高校入試へ向けた実戦力を養成するために、日曜日・祝日を中心に、中央進学会オリジナルテキストを用いた入試対策の講座を実施しています。理科・社会では中1・中2の知識の復習から始めて入試レベルの演習までを行います。さらに英語・数学ではトップ校対策として、高校入試に出題されるレベルの問題を大量に演習することで、入試本番で要求される得点力をアップさせることを目指します。
また、1月以降は茨城県立高校の入試に合わせたテスト形式のテキストを使用することで、入試の出題形式に慣れ、自分の苦手分野を把握し、最後まで入試の得点を上げるために力を注いでいきます。
中央進学会は、奨学生制度を実施し生徒の頑張り応援します。
第一志望合格の夢を叶える充実の学力プログラム

◆中学3年生 数学

基本を固め応用の例題演習
「式の展開」「因数分解」「二次方程式」「関数y=ax2」「相似」「三平方の定理」と入試に直結する単元です。この単元を理解するには、1年生・2年生の確実な基礎が求められ、「原理・原則の理解」が必要です。数学は積み重ねです。1年、2年の内容が理解できているかどうかが入試結果の分かれ目です。

◆中学3年生 理科

化学・物理の理解を深める
「運動とエネルギー」「細胞と遺伝」「食物連鎖」「イオン」「天体」を学習します。全体的にも暗記+理解が必要な単元がそろっています。単元も1・2年生より多いですが、必ず入試に出ます。時期的には1・2年生の復習もしなければいけないので、中間・期末テストの勉強でその都度、しっかり定着することが大事となります。

◆中学3年生 国語

入試必須の作文は落とせない
3年生で新しく学ぶのは主に俳句の鑑賞や和歌の鑑賞だけで、現代文・古文ともより長くより難しくなっていきます。1・2年生で学んだことを発展させて、教科書の文章より難しい入試問題の文章を慣れていくようにしましょう。

◆中学3年生 英語

基本の反復と文法事項
入試頻出の「受動態」「現在完了」「間接疑問文」「分詞」「関係代名詞」が重要事項です。これらを正しく習得するには中1・中2基礎内容からの理解が必要です。